2011年05月21日

ご報告☆

IMG_5664-.jpg ネコバス〜♪

私事ですが、お知らせがあります。続きを読む

ランキングに参加しました!→にほんブログ村 子育てブログへ banner_02.gif
posted by bakabros at 17:17 | 東京 ☀ | Comment(10) | TrackBack(0) | 徒然

2011年03月19日

元気です!

すっかりご無沙汰してます。
なかなかブログを更新する時間がなかったのですが、つんちゃんもパパちゃんも私も、元気に過ごしています。

地震の時は、家族三人でお昼寝中(今思うと、なんて平和な…)でした。
私は起きていて、あれ、大分大きいぞ、とパパちゃんを起こし、ガラスの割れる音や何かが落ちる音に恐怖を感じて、大声で叫びながらつんちゃんを起こしました。
が、つんちゃんは熟睡中で全く起きず。
逆に寝てくれていた方が安全かもと、そのままにしておいたら、それから余震の中、二時間寝続けていました。

地震の二日後にお米を買いに行ったらどこも売り切れで買えず、ちょっとパニックになりました。
お米や、電池が手に入らないという事がとても不安でした。日頃から非常用荷物や食品を準備してなかった自分が悪いんですが…。

結局、京都のパパちゃんの実家から、お米と電池を送って貰いました。
お米がきた事と、すぐに食べられる食品も沢山送って頂いた事、そして懐中電灯が使えるようになり、本当にほっとして、本当に安心できました。
お店の品揃えも、一時よりは少しずつ増えてきているようです。

まだ色んな不安はありますが、あまり悲観的にならずに、落ち着いて行動し、前に進んで行かねばと思っています。


ランキングに参加しました!→にほんブログ村 子育てブログへ banner_02.gif
posted by bakabros at 18:52 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然

2010年06月06日

学資保険の代わりに長割り終身

前回のつづきです。
無料保険相談した【保険マンモス】のFPから「学資保険の代わりになる保険」というものを提案されました。

それは、東京海上日動あんしん生命の「長割り終身」という、解約返戻金減額型終身保険でした。
終身の死亡保険で、払込満期前に解約した場合の解約金を少なく設定してあり、その分、保険料が安く抑えられた保険です。

なぜこれが学資保険の代わりになるのかというと、この長割り終身保険を、短期払い(10年・15年など)に設定し、学資が必要になる15年後以降に解約する、というウラ技なんですね。

この保険のオイシイところは、満期日過ぎた後の返戻率が、据え置くほど上がっていくこと。もしも学資を預金など他の資金でまかなった場合、預ければ預けるほど返戻金も増えていくのです。

更に、学資金準備の積み立てをしながら、父親の死亡保障も兼ね備えているところが良いんですよね。

DSCN2898.jpg 学資たくさんためて、バイオリン習わせてね♪

この保険に興味が出てきて、更に調べて貰うと、アクサ生命の学資準備プラン「低払いもどし金型定期保険」の方が、更に保険料が安くなる事を知り、こちらに決めました。

この保険の利点を最大限に活用するため、10年の短期払いで契約。
満期がくる10年後はまだつんちゃんが12歳なので、それから高校入学までの3年間は解約しない予定です。
我が家が契約した長割定期保険の場合、15年後に解約した場合の返戻率は112.60%。
更に大学進学まで据え置くと、114.06%になります。

既に契約していたソニー生命の学資保険の返戻率が110.10%なので、それよりも返戻率が上がるし、払込期間も、学資保険の17年間を、10年間に短縮出来ました。

その上、解約するまでは死亡保障もあるので、学資保険とは安心感が違います。
いざという時には、貸付制度もあるので、保障を継続したまま、資金を準備することができるのも心強いです。
生命保険は、なるべく掛け捨てでなく、有益性のあるものを、と思って探していた我が家にぴったりの保険でした。

ちなみに、「長割り終身」は死ぬまでの終身保障で、今回我が家が契約した「低払いもどし金型定期保険」は98歳までの死亡保障。
学資の為の保険で、必要な時に解約することが前提なので、終身でなくてもいいかな、98歳まで保障があるならねwということで、終身よりもより割安の定期に決めました。

学資保険と比べて、一石三鳥くらいメリットのある、長割り保険。
FPからこの保険を教えて貰い、契約することが出来て良かったです(^^)


前回の記事☆生命保険、無料相談する

”FP無料相談” はコチラ ⇒ 【保険マンモス】 【無料相談・申込フォーム】
【保険比較の保険市場】で、「長割り終身」や「学資準備プランLTTPフェアウィンド」の無料資料請求が出来ます。






ランキングに参加しました!→にほんブログ村 子育てブログへ banner_02.gif
posted by bakabros at 23:53 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然

2010年06月04日

生命保険、無料相談する

つんちゃんが一歳の頃、学資保険に入っただけで(こども保険どうしよう!?)、実は、パパちゃんの生命保険は未加入でしたσ(^_^;)

とにかく安く、保障の厚い保険を探そう! と思ってはみたものの、膨大な保険商品の中から、どうやって各社の保険を比較したらいいかわからず……。

ネットで無料保険相談について調べていると、ファイナンシャルプランナー(FP)が自宅へ来てくれ、無料保険相談にのってくれる、【保険マンモス】のサービスを見つけました。
早速、こちらの無料相談を申し込んでみました。
DSCN2953.jpg パパ、長生きしてね♪ 学資もヨロシクね。
初めは、メールだけのやり取りで(通信方法をメールか電話か選べる)、本当に約束の日時に、FPが家に来てくれるのだろうか? という不安がありましたが、ちゃんと来てくれました(^^)

初回は、現在の保険状況と、どういったタイプの保険を、どれくらいの保障額で、保険料は幾らまでなら払えるか、といったことをざっくり聞いてもらいました。
次回、具体的な商品を提示してくれるとの事で、この日はお終い。

それ以降、約2週間の間に5回も訪問してもらい、数々の保険商品を比較・検討しながら煮詰めていって、先日、やっと契約する事ができました。

実は、このFPに無料相談する前、某大手生命保険会社の方にも相談していました。
ですが、自分の会社の商品について、悪い所は言わずに良い面だけアピールしたり、こちらが不利になるような提案をしてきたりもされました。
電話攻勢もすごくて、毎日かかってきました(-。−;)

【保険マンモス】のFPは、保険会社に属さない中立な立場から、数ある会社の商品を比較検討し提示してくれるので、色んな事を突っ込んで聞けたし、安心して任せられました。
それぞれの会社の商品の良い面と悪い面をちゃんと教えてくれた上で、こちらがじっくり考えて決めるまで、ゆっくり待ってくれたし、電話かけてきたりもしませんでした。

契約した死亡保障は、掛け捨てと、貯蓄性の高いもの、学資保険の代わりになるものの3つ。プラス医療保険の計4つ。
できるだけ短期払いにして、リスクを分散し、もしもの場合には3つの保険から死亡保障を得ることが出来るという、納得の契約が出来て、一安心しました。

____________________________________________

今回、検討中にFPから、学資保険について、意外な新事実を聞きました。
「学資保険は、あまりメリットがない」といわれてびっくり。

今契約中の学資保険は、その頃、一番払戻率の良かったソニー生命のもの。(今はアフラックのかわいいこどもの保険が一番返戻率が良いらしい)
超低金利の今、銀行に預金するよりは、率の良い貯蓄法なのは確かだけど。

学資保険は子供にかける保険なので、親に万一の事があった場合、以後の保険料払込免除くらいのメリットしかないんですよね。
「今の学資保険と同じ位の保険料で、同じ位の返戻率で、更に親の死亡保障もついてくる保険がありますよ」といわれ、ええっ!? とここでまたびっくり。

学資を貯めるなら、学資保険の保障プラスαがあった方が良いですよね。
そこで、FPが勧める、「学資保険の代わりになる保険」というものを真剣に検討し始めました。

長くなるので、次回に詳しく書きたいと思います。



無料保険相談がとても良かったので、保険加入を考えていた私の姉(幼稚園生と2歳児がいる)にも教えてあげました。子供がいると、相談の為に何度も店舗に出向くのも大変なので、自宅や、こちらの好きな場所で相談ができるととても有り難いです(^^)

ランキングに参加しました!→にほんブログ村 子育てブログへ banner_02.gif
posted by bakabros at 10:35 | 東京 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。